世田谷区深沢にある内科、胃腸内科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科の田崎胃腸科内科です。

田崎胃腸科内科

〒158-0081
東京都世田谷区深沢6-2-17

03-3703-4133

メインメニューを開く
  • HOME
  • 医師のご紹介
医師のご紹介

院長-田﨑 修平

当院では丁寧で苦痛の少ない内視鏡検査をクリニックで気楽に受けていただけることをモットーにしています。また、消化器病が専門であることはもとより、日本内科学会認定総合内科専門医として内科全般においても丁寧な診療を心掛けております。
特に当院では動脈硬化による心筋梗塞、脳梗塞の予防と治療に力を入れています。

略歴

昭和53年
東京都立白鴎高等学校 卒業
昭和54年
昭和大学医学部 入学
昭和60年
昭和大学医学部 卒業
昭和大学大学院医学研究科第2内科学 入学
平成元年
昭和大学大学院 修了
医学博士号 取得
平成3年
昭和大学藤が丘病院消化器内科研究医
川崎幸病院 勤務、内科医長
平成5年
オーストラリアクイーンズランド大学プリンセス・アレクサンドラ病院 留学
平成6年
国際親善総合病院 勤務、消化器内科医長
平成7年
田崎胃腸科内科 開院
平成10年より
田園調布中央病院にて水曜日午前に内視鏡担当非常勤医師を兼任
平成17年から21年まで
玉川医師会理事
平成18年
医療法人社団修勇会理事長
平成20年
昭和大学医学部兼任講師
           
平成20年から平成29年まで
   
昭和医学会評議員
平成21年1月より
水曜日午後にがん研究会有明病院内視鏡診療部にて研修
平成22年5月より
昭和大学医学部客員教授

所属学会・資格など

日本内科学会認定総合内科専門医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医

スタッフ紹介

受付事務職員、看護師が一丸となり、患者さんの身になって、
やさしく丁寧に明るく応対いたします。

田﨑修平業績

原著

開業前の論文

1)「短期間に大腸粘膜像の変化した好酸球増多症候群の1剖検例」
消化器内視鏡の進歩 1988 33 298-301

2)「悪性症候群と考えられた1症例」
昭和医学会雑誌 50(6): 676-680 1990

3)「急性膵炎の治療法」
日本臨床生理学会雑誌 21(1): 53 -57 1991

開業(1995年)後の論文

4)「UDCAが奏功した向精神薬による肝内胆汁うっ滞型肝障害例の2例」
副作用症例データベース;診断と治療 84 Suppl.1996 145

5)「逆流性食道炎の胸やけに対するラベプラゾールナトリウム10mgの改善効果に関する研究」
臨牀と研究 83(3): 485 -489 2006

6)「内視鏡検査にて確認された大腸カンジダ症の1例 」
Progress of Digestive Endoscopy 76(1): 103 -103 2009

7)「 SPORADIC FUNDIC GLAND POLYP-RELATED ADENOMAS OCCURRED IN NON ATROPHIC GASTRIC MUCOSA WITHOUT HELICOBACTER PYLORI INFECTION」
The Authors. Digestive Endoscopy © 2011 Japan Gastroenterological Endoscopy Society

8)「胃.十二指腸.大腸にかけて多彩な内視鏡所見を呈した悪性リンパ腫の1例」Progress of Digestive Endoscopy 81(1): 2013

9)「 GERDが疑われた好酸球性食道炎の1例」
Progress of Digestive Endoscopy 83(1): 2013

10)「術前に早期胃癌と診断したHelicobacter Pylori陰性進行胃癌の1例」Progress of Digestive Endoscopy85(1)2014

11)「腸管洗浄液Polyethylene glycol ( PEG )の胃内洗浄効果に関する臨床研究」
Progress of Digestive Endoscopy86(1)2015

12)「短期間に発育したAFP産生早期胃癌の1例」Progress of Digestive Endoscopy87(1)2015

13)「胃、十二指腸粘膜に著明な好酸球浸潤を伴ったA型胃炎の1例」Progress of Digestive Endoscopy92(2)2017

14)「実地医療現場における京都分類」消化器内科創刊号『胃炎の京都分類』2019